共同受注センターの紹介

自立をめざす障がい者に、働くチャンスを! 自立をめざす障がい者に、働くチャンスを!

障がい者が地域で自立した生活を送るために、「就労」は欠かせません。

大分県内には数多くの就労支援施設があり、障がい者をサポートしていますが、施設単独での営業や受注活動には限界があります。

その一方で、就労支援施設に仕事を発注したいと考える方にとっては、どんな仕事をお願いできるのか、どこに連絡をすればよいのかが分からないといった事情があります。

それらの問題を解決するために発足したのが、「おおいた障害福祉サービス事業所等共同受注センター」。
県内の就労支援施設が得意とする業務を調査し、情報発信。官公庁、民間企業、個人を問わず業務受注の窓口となり、各就労支援施設へ仕事を紹介しています。

「喜び」、「やりがい」、そして「達成感」…働くことの素晴らしさを一人でも多くの障がい者へ。

わたしたちは、障がい者と地域社会をつなぐ、架け橋でありたいと考えています。


共同受注センターの役割

イメージ画像 障害福祉サービス事業所とは

身体・知的・精神・内部疾患等の障がいを持つ様々な方たちが働ける環境を整え、支援を行うことを目的に運営されています。

おおいた共同受注センターは県内約100の事業所が参画しており、地域や利用者の特性に応じた多様な事業を展開していますが、その糧となる仕事の確保には未だ多くの事業所が苦慮しています。

障がい者が自立した生活を送るためには、就労支援事業所等で働き収入を得ること(福祉的就労)、また得られる賃金水準の向上も不可欠です。彼らは、個々の障がい特性に合った仕事に取り組む事により、充分なパフォーマンスを発揮できます。自立を目指す障がい者に働くチャンスを与えてください。

ぜひ、おおいた共同受注センターをご活用ください。